2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.06.10 (Fri)

☆★~【閲覧注意!!】古い帯の中身っ~★☆

デンジャラスな画像でます





でますっっ






和裁所に仕立て直し依頼できた帯に入っていた帯芯です。


捨てる前にブログ用に画像許可頂いて
とらせていただきました










一面のカビ



帯の中からは黒い粉?のようなカビの塊がポロポロでてきます。 白い紙の上に散らばっている黒点です





…最初は《芯が硬いので 柔らかい芯に変えてください》 とゆー依頼だったそうですが

帯の中身、内側に一面ビッシリとカビている事をお伝えすると 《→→悉皆にて帯を洗ったあとに、新しい帯芯を入れ 裏をはりなおして仕立て直す》 とゆう依頼に変更されたそうです



帯の表地は アンティークのバティック。
ぱっと見、経年の汚れ、シミはあるものの
ここまで内側がカビているとは思わずに購入されたもののようです







こういった 強烈なカビ侵食例を見ると
《……メンテナンスって大事だわ…、、》
と 改めて思います






《メンテナンス》《悉皆》《仕立てかえ》
の情報がオープンではないなぁ、、、と感じます



悉皆や仕立てかえ代金、どのくらいかかるのか??

どこにお願いしたらいいの?
どんなメンテをしたらいいのか??

とか。肝心なところ、知りたい情報がイマイチわかりにくいしオープンではないように思うのです




上記のお客様のように
気に入って買った、出会った布なのだから

《必要なメンテナンスであれば 代金はだすゼ!》
って方は 多いと思うのですよね




《着物は 安く買えますよ~、気軽に始められますよ~!》 みたいなのが呼び水だったり最初の一歩とするならば



そこから三歩、四歩と進んでくる人もいるのだから

もっと メンテナンスや悉皆、仕立て直しなどの情報も 雑誌とか 人目につくもので取り上げてもらえると いいんじゃないかな~~~、と思うのでした







★☆☆★どれかお一つ、ポチっと応援クリックお 願いします(o^^o)★☆★☆

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ

にほんブログ村


和裁ランキング
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
関連記事
21:27  |  ちくちく和裁  |  コメント(8)  |  編集  |  Top↑

*Comment

貴重な情報の掲載ありがとう。
本当にこういう衝撃な事実を知らない方は多いのだと思います。
見たことないから悉皆に出さない、出すことがピンとこない、おっしゃるように情報がオープンでないところで、値段が高いという印象だけが広まってしまっているように思います。

私たちは中身見る機会たくさんあるからこそ、この怖さと、カビの危険さをわかっていて、悉皆に出すのは高いけれど出そうって思えますものね。(今日みんなカビの胞子にやられたからね。。。)
綺麗にお洒落をするなら、お洋服を洗って着るように、定期的にお洗濯して布が喜んでいる状態も知って欲しいなって思います。悉皆に出した後の着物の色のトーンの違いっていったら、うふふ度が上がって、さらに素敵な布ゲットしたな〜と思う気持ち増しますね。
そういう着物好きな方によって、悉皆という職人さんの素晴らしいお仕事も今後もずっと残っていったらいいなと思います。
ごめん、つい熱くなっちゃって長くなってしまったわ。

この帯が洗って上がってくるのが楽しみです。しっかり素敵に仕立てたいと思います!
kaori |  2016.06.10(金) 22:38 |  URL |  【コメント編集】

■ありがとー!

古い帯が全部こんなのではないしょうが、
家にある帯の縫い目をほどいて確認したくなりました !

体に及ぼす影響を考えると、ぞっとしますね。
Yuki |  2016.06.12(日) 07:29 |  URL |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

かおりん先生〜(^-^)/

記事書きましたよ( ̄▽ ̄)フフ♡

《お誂え》《リサイクル》《アンティーク》どの入り口から入ったとしても
仕立て直しやメンテナンスの情報を必要としている人はいるわけだから
もっとオープンになるといいなぁ、、って思います

絹って キチンと手間をかけてあげると
応えるかのように ツヤツヤ生き返ったりしますものね(o^^o)

…帯を開いた瞬間、和裁所内で咳き込む人が多発してw
プチパニックでしたね…( ̄▽ ̄)
花椿あやこ |  2016.06.12(日) 19:03 |  URL |  【コメント編集】

■Re: ありがとー!

ゆきさん、あの時は風下の席に居なかったから
マシだったのよ〜〜、
わたしはモロ、風下席にいたから直撃だったワ!

……結局、あの日みた明石、、、、、、、、、、、、、、、、、

買っちまいました( ̄▽ ̄)
花椿あやこ |  2016.06.12(日) 19:06 |  URL |  【コメント編集】

たしかにプチパニックだったわね。。。

あやこさんのおっしゃるように、広まるといいな。
和裁士だからこういうこと言うよね〜ではなく、
コートやスーツをクリーニングに出すような感じでね。

絹は生きている生地だから、お手入れ次第で表情変わりますからね〜。
着物好きなら絶対にわかると思います。布を眺めてうっとりしちゃうモーメント❤︎
kaori |  2016.06.13(月) 07:17 |  URL |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

うん、

私たちのまわりで古布、アンティークとうまく付き合ってる人、といえば、、、
帯教室のS先生だよね(o^^o) 古物商許可あるから市場で仕入れていらっしゃるじゃない?
こないださ、《…江戸時代のホコリが会場に充満してるのよぉ〜〜〜(T_T)》って話していらしたの、
おもしろかったよねww 江戸時代のホコリって…!www
花椿あやこ |  2016.06.14(火) 07:01 |  URL |  【コメント編集】

そうね、S先生の話覚えています。江戸時代からのホコリ(笑)
歴史あるホコリ(かなり怖い。。。)

そんな布でも洗いに出して蘇らせて、素敵な帯を仕立てられているS先生のように、皆に広まるといいなと思いますね!
今回は情報のせてくれてありがとう。Thanks!!
kaori |  2016.06.15(水) 20:44 |  URL |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

仕立て屋さんのブログ、いくつか読んだんだけど
やはり あれだけ腐敗した芯が入っている帯って
芯に防カビガード加工される以前に仕立てられたもの に多いらしい…!
なるほど!だよね〜〜〜、

中から虫さんコンニチワ! な帯もあるらしい…。
《お客様の希望で古い芯をお返ししたらば 芯の状態に 大変驚いていらっしゃいました》
と書いてあった、、、、((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))
そりゃそうだぁああああっ
花椿あやこ |  2016.06.16(木) 08:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |