2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.11.09 (Thu)

☆★~普段着物だもの、セルフメンテしちゃう!~帯編~★☆

…なんでもそうだと思うんだけど
《外注 》に出すと高くつく。 それは手間ヒマ技術代金だから 当たり前だし 支払うべきオゼゼなのだけれども


使える予算が湯水の如く湧いてでてきたり 降ってきたりするわけではないので
《自力で出来るところは自分で手を掛けてやってみる》 とゆ~ 地味な方向性で 着物ライフを送っています



もちろん 着物メンテに関しては 勉強しているわけではなく ど☆しろうと なので (シミ抜き講座に参加した程度の初歩知識しかない)あくまで 出来る範囲内。深追いしない範囲内に限られるのですが、、、(出来ないところは悉皆に出してます)


出来る範囲
◉リグロイン、ベンジンで油性汚れを落とす
◉血抜き…針で指を突いてしまい 血をつけてしまったとき。 直ぐに対処できる場合に限る





前にチラッとブログに書いたけど
帯に ちょっとしたシミをつけてしまったのです。
どこでついたのかは不明…、ここ最近についた汚れ。
見る限り油性の汚れと思い リグロインで落とせるかも?しれないので セルフメンテしてみました




用意したのは
◉リグロイン
◉ブラシ(パキン)
◉厚紙
◉ふきんサイズの晒し



この帯は 私が手縫いで仕立てたもので
開き仕立てにしていたのです。 裏にモスを張らずに芯に直に縫い付けてゆく仕立て方。 帯地にはガード加工はかけていないので ガードを外す手間なくシミ抜き作業に取り掛かれました


◉ 芯を外して シミの下に画用紙を入れて
リグロインで洗い 画用紙に汚れを移してゆきます




汚れが溶けだした~~~!:(;゙゚'ω゚')::(;゙゚'ω゚')::(;゙゚'ω゚'):



部屋に充満するリグロイン臭に めげずに 作業するうちの仔ら(ニャン×2)も そそくさと部屋を出てゆく程度にリグロイン臭 充満~! 窓全開にして作業続行~~

リグロインはね わりとたっぷり使うのです
これは以前 シミ抜き講座で習ったので 怖がらずにたっぷり使ってシミ抜き作業をしてます

広口瓶にドボドボとリグロインを注ぐ→→パキンをボチャンと浸して~~ 軽く絞ってシュッシュッッシュッッ
3回シュッ としたら また リグロインにボチャンとつけて ~~を 繰り返します。



汚れは まぁ完璧ではないけれども 8割くらいは落ちた。 そして 残るはリグロインの輪シミっ
輪どっているのが画像でもわかりますネ…

晒しにリグロインを含ませて 輪どりの縁を暈してゆく~~
少しずつ 消してゆく~~


だいぶ 輪どりも消えた…↓



黒い点が かすかに残ったけれど
これ以上は 深追いせずに このくらいで まぁ良し!とします
…完璧に落としたいなら やっぱり悉皆に出すのが安心ですものね。 セルフでこのくらい落ちれば満足です☆


今、この帯を陰干ししてリグロイン臭を飛ばしてて
あとでまた 解いたところを縫い直します





…着物のメンテに関してはね
必要経費としてオゼゼをかけて悉皆に出してるんだけど

色々と思うところもあるので
後ほどまた 時間あるときに 呟きまっす…!



ではでは~また(o^^o)




♡…どれかお一つ ポチッと応援クリック頂けると嬉しいです…♡
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村






関連記事
15:29  |  ふだん着物  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |