2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2018.05.05 (Sat)

☆★~アンティーク帯に縫う古布をアッッブ(o^^o)~★☆


連休もあっっとゆう間に明日まで
そして今日は 立夏でもありました
これから 少しずつ夏へ向けて季節が動いてゆくのですね、、、 早い~~!!



…先日の帯仕立て教室のときに 併設サロンで購入した古布です^_^ アップしそびれてました~~



3枚購入。 これで帯一本分の尺になります(縫い代は別で9尺8寸上がりで、お太鼓の返りは2尺7寸で見積もりました^ - ^)

…緑のは半幅しかないので(着物の地衿と共衿だったもの)帯は 開きではなく 手先が半幅で長~~い形の名古屋帯仕様にして 1巻目の継布として使おうかな?と。

で、前帯になるのが 楕円ピンク。

この楕円ピンクのは 衿と衿だったパーツなので半幅に裁ちわけられているので お太鼓ではなく 前帯とタレに配置しようかな、と。



お太鼓はこんな感じに~



お太鼓がピンク横段
タレは楕円ピンク…♡


アンティーク古布帯作りの楽しさって
こうして 継いで組み合わせてゆく楽しさがあるな~~、と思う★☆




ま、いずれにせよ 前記事に書いたように
先ずは洗い張りをしてから縫いたいので すぐには縫えないのだけれども。。。

ネットでセルフ洗い張りを調べてみると
ご自分で作業されている方、 伸子張りしていらっさる方もいらっさる事がわかり 色々と参考にしております



…洗い張りって 日常生活から消えた家事の一つですよネ

私の母は60代中盤なんだけど この辺りの世代から
着物から洋服へかわって行ったと思うのです


なので 私は家庭の中で洗い張りとゆう作業を見たことがない…。 着物がすでに日常のものではない生活だったから 家庭で洗い張りしたり 、解いたり、縫ったり
、とゆう事が 身近ではありませんでした

(…祖母は着物で暮らしていたけれど 晩年、脊髄を傷めてからは絹ものは着ずに 手持ちの木綿を着潰していたように記憶。高齢になり 洗い張りや仕立て直しをする体力がなかったのだと思う…。 )



縫う事に関しては
今は師をもっているから わからない事は聞けるけど

洗い張りは ほんと手探り状態。周りにしている人がいないから聞けないんだな~~。。。



解く、洗う、縫う は 一連の作業で 前の時代では家庭で出来ていたのだろうけれども
現代で それをするには ハーードルが高いなぁ、、、と感じる…!


そこをなんとか 突破して~~~
古布帯作りは 自分で洗い張りして縫う とゆ~流れを自分の中に構築できたら 一気にアンティーク帯作りが楽しくなると思うんだけどなぁ…




なんとか そちら方面を開拓してゆきたい





洗い張りに関してはまた何か?進歩があったら書きますネ~~(o^^o)






♡…どれかお一つ ポチッと応援クリック頂けると嬉しいです…♡
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村






21:48  |  ふだん着物  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |