2016年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.06.18 (Sat)

☆★~なぜに絹をすすめるんじゃいっ!!~居敷当て編~★☆

着物友のRちゃんよりブログネタ提供頂きました☆
居敷当て問題ブログ許可頂いたので今日の記事にしてみます(o^^o)



なんでも、今年新調予定の浴衣反物の居敷当てに絹の居敷当てをすすめられたのですって~~…(購入店主さんの提案)





(; ・`ω・´)ナン…ダト!?





絹の居敷当て

浴衣に…!絹! びびびびびっくりです




(その後、お店とのやり取りで居敷当てなしで仕立て依頼できたそうです)




そもそも、綿と絹は縮率のちがうのだから
《自宅で洗濯して着るつもり》のお客様に
絹の居敷当てをすすめるのは不適切
洗濯したら 一発で釣り合いが悪くなると思うのだけど なぜに絹をすすめるんじゃいっつ !!っと…



悉皆にだすならば 綿に絹を合わせたって
プロにお任せですけれども

《自宅で洗濯するつもり》だって 言ってるのに
提案力なさすぎる 提案センス悪すぎる(斬っっ)






Rちゃんは その辺りの違和感に気がついて
お店の人の提案を断ることができたけれど

これが 着物はじめたばかりの人だったら
きっと《お店の人の提案だから間違いはないはず…!》と信用して頼んでしまうのではないかしら。。。






私の私見ですが

自宅でザブザブ洗う前提の着物って
居敷当てをつけるとするならば

しっかりと着物の水通しをして
洗濯しても大きく縮んだりしないよう下準備をしてから

居敷当ても同じように水通ししたものをつける、水に強い繊維を選ぶ
もしくは ポリとか(暑いけど…) そうでないと洗う度に居敷当てと着物が それぞれに縮んで 釣り合いが悪くなって ツレッツレになると思うんですよね。。。

(…あくまで自宅でザブザブ洗濯する場合を想定した話です)




縮率は合わせないとダメだとおもうわ~~





木綿着物が流行りだした去年~今年にかけて。

《水通ししていない木綿に 居敷当てをつける》仕様のお仕立てものを縫ったのだけれども
あれは どうなったのかしら。。。。って フと思います

シーズンオフで洗った途端に ツレッツレになっちまったんぢゃないかしら。。。


《水通しをしてから仕立てる》
《自宅洗濯するつもりの着物の居敷当ては縮率を合わせる、相性のよいものを使う》

など 当たり前のことを
自宅洗濯などセルフメンテして着ていく上で必要なことを

お客様、お金をだして買ってくれる人、エンドユーザーに接する機会のある人が もっと丁寧に伝えてくれたらいいのに! って 思います



エンドユーザーに接する機会のある人(売る人)は もっと使命感持って (勉強して!提案力磨いて!)売ってほすぃ~~わぁ~~ と



ちょっと毒づく 綾子なのでした





★☆☆★どれかお一つ、ポチっと応援クリックお 願いします(o^^o)★☆★☆

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ

にほんブログ村


和裁ランキング
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村





21:43  |  ふだん着物  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |