2015年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.07.24 (Fri)

☆★~着物に保冷剤を仕込むっ~★☆

こんばんは(^-^)/

…昨日は帯の仕立て教室(花邑)へ行ってきました~



35℃まではならなかったけど
蒸し暑い一日

(また明日から連日35℃予報がでています…!)



背中にデカい保冷剤を仕込んで
でかけました



コレ



文庫本サイズの保冷剤でっす


これを冷凍庫で凍らせて
キッチンペーパーに包んで ~


身八つから背中に入れ込んでます



(絹キャミ→→麻半襦袢→→小千谷
の順で着ているんだけど 絹キャミと半襦袢の間にいれてます~(o^^o)




ピンク丸のあたりに保冷剤、帯に半分うまるように差し込み中




よく『帯、濡れないの~ー??』
と言われるけど

私の場合前結び帯び板使用なので、帯が濡れることはないです

そこまで保冷剤もビショビショにとけないし


背のシワも ピンと引いてシワ取り後
仕込んだ保冷剤が透けて見えないようにフワッとさせて カモフラージュ





この保冷剤で3~4時間くらいはヒンヤリ



溶けたら保冷剤は取り出そう!と思っていたのですが~~ 保冷剤って溶けてもヌル~いなりにジワ…っと熱を吸収してくれるので そのまま帰宅するまで入れてます






前結び帯板。

ぐるっっと胴回りを巻いてるので 暑いんだけど 私は帯に汗シミをつけたくないので 唯一の我慢ポイントです



帯、大事っ




なので、着方で工夫してます…!
前をぐっっとあけて 熱気を逃がす




◎以前の画像再利用






がっつり隙間を確保してます




5~6センチ(拳がゆるっと入るくらい)開けてると、ラクだし熱気も逃げます


高温多湿の暑い昼下がりなど
ムワ~~~っと腹の熱気が
この隙間から上がってきます



帯は前を開けて熱気を逃がさないと
蒸れてかぶれるのでぐっっと開けてます★☆




開けると 身体の熱気が逃げるので
若干、マシになります

ともかく暑い日の着物は
着物に熱気を溜め込まない!できるかぎり放熱するっ



35℃にもなると そのくらいしか出来ることないよね~~~( ̄▽ ̄)






蒸れてかぶれたり
強い紫外線に日光アレルギーがでたり




私の夏は

そんな二重苦を背負っているので いろいろ工夫していまっす 試行錯誤っ




★☆☆★どれかお一つ、ポチっと応援クリックお 願いします(o^^o)★☆★☆


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


◎和裁ランキング◎
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村






08:23  |  ふだん着物  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |