2015年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.07.20 (Mon)

☆★~はじめて縫った竺仙コーデ(o^^o)~★☆

浴衣催事のお手伝い@3日目~


雲が多く湿度の高い天気

34℃で無風だったので 体感的には厳しい蒸し暑さでした




そんな中、綿紬の浴衣で行ってきました



◎5年前に 始めて縫いあげた浴衣! 竺仙の竹柄です いい柄合わせでしょう上前が竹なのにw華やか~先生にアドバイス頂きながら、はじめて柄合わせした浴衣です☆



帯は、白地の博多紗献上





内側の仕様は 昨日の記事にしたとおり

◎麻肌襦袢&裾除け→→綿紬浴衣 でっす










…浴衣は湿気に弱く 肌に張り付きます



それは 浴衣が悪いのではなく

そもそも 炎天下の中、一日中着て歩くことを前提とした着物ではないから、なのですよね



サッと汗を流して
身体の熱気を落ち着かせてから
サラッと着る




身体や外気の熱気で ベタベタになる前に脱いで 他の着物に着替えてしまうような

本来ならば そういった位置づけの着物だし それに適した素材なのです




夕涼み みたいなシーンで着るのが王道なんだと思う、やっぱり。





そんな浴衣ちゃんを
日中の仕事着として着るのだから 汗でベタベタになるのは必須なのです(-_-)





見た目の涼やかさ とは違い
日中、浴衣を涼しげ に着るのは

しっかりした下準備(麻を内側に仕込む!)と ある程度の気合いが必要だな~~~、と実感しました



背中にデカい保冷剤を仕込んで
出掛けました









浴衣なんだけど


吊るしで だいたい 福沢諭吉3名様相当
ポリ帯 1 名様相当

客層が 小金持ち系が多いから 吊るしでもその値段で売れるんだけど




浴衣生地クオリティ的にいえばモールやウニクロあたりで買うのと変わらないんではないだろうか。。私見、3万の対価ある生地だとは思えない~~





お客様の中には

なんとなーく



『あ、この方は着物道に入ってくるかもしれないっ!!』

みたいな気配を感じる方っているのです…!(私の直感)





そうゆー方に 話しかけられた場合


私はコッソリ 社員さんに見っからないように 入れ知恵してます




『予算4万あるんだったら…

私だったら あそこに並んでる三勝の浴衣反物をかって(28000円也)仕立てに出しますね~~ 、3万で吊るしは買いません(キッパリ!)』


(ポリ帯は暑いので すすめない。必要であればネット購入で正絹をすすめる)





更に言うと も少し足して 手縫い国内縫製の仕立てをオススメする…!





海外縫製。 丁寧な国もあるんだろうけど 柄合わせが信用しきれないのです、私は猜疑心が強いので




胸元、チチのバストトップあたりに
丸いポチっとした丸い柄を持ってこられたり

尻ホッペのあたりに 花 とか


デリカシー無い柄合わせをされたら たまらない





少なくとも 国内縫製で
『お誂え』として手縫いで縫われるものに関しては そういった事はないように思うのです 柄合わせも込み、でお誂えなのですから


(ミシン縫いは分からないけど)









店側としては 利率の高い しょーもない浴衣を4万でうってほしいのかもしれないけれど



つい ただの着物好き いち消費者 いちユーザー としての視点で

こっっそり入れ知恵してしまう綾子なのでした




たのしくお仕事頑張り中!



あと数回、日程が合う時にお手伝いに行く予定でっす





★☆☆★どれかお一つ、ポチっと応援クリックお 願いします(o^^o)★☆★☆


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


◎和裁ランキング◎
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村


22:39  |  ふだん着物  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |