2014年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2014.09.04 (Thu)

★☆~【遠州木綿】秋を迎える準備~☆★

週明けから残暑、といわれていた東京ですが

日中、陽がでると汗ばみはするものの
夕方には秋の風…!

もう、蝉の声より鈴虫の鳴く声が優勢ですっ

ま~じ~で~~
マジで秋


未だに半信半疑w







とゆー訳で、


冬の伊勢木綿、片貝木綿につなげるまでの心強い味方!薄手の遠州木綿を縫ってます☆



地域差もあると思うけど

東京の冬は伊勢木綿、片貝木綿にコートで十分、越冬できると思う~


寒けりゃ地下道あるけばいいし
店だって沢山あるから逃げ込める☆

寒さを我慢して歩く必要がないのだ。
電車もすぐくるし。


むしろ、着込んでしまって暖房や熱気でのぼせるほうが辛い。











去年だったかな?




『木綿は寒い!』とおっさっている記事に遭遇したんだけど、よく読んでみると真冬に遠州木綿を着ておられたっ


それは寒いだろう…。。あれは薄手の木綿だっっ


◎白地の遠州木綿。光の透け具合で生地の薄さが伝わるかな…?






…『木綿』ってざっっくり括ってるけど
実は、産地が違えば糸の太さ、密度が違うのだから体感だって違う。


種類がある。それが木綿ちゃんの魅力でもあるので、その特徴がわかると日々、体感にそった着物が選べるので快適指数がぐぐぐっっと上るのに~!












この内の紫の遠州木綿をチクチク中


◎裁ち分けて、印つけまで終了したところ☆★





◎あとは、こんな風にひとまとめにして、いつでも縫えるようにスタンバイっ









【自分で水通し後の縮み】


総尺は、前回の『グリーン地遠州木綿』と同じく3丈7尺5寸。14m25cmくらいです☆



二尺の所に糸印をつけて、二尺内でどの程度、縮んだか図ります。





今回は、1.2寸。訳4.5cm
全体だと 81cm 縮んだことになります。



無地や縞だと、柄あわせのロスが少ないのでキチキチでも間に合うけれど、大きな柄や格子だと間に合わなくなる事もあるので、必ず水通し後の寸法をチェックします☆


(足りない場合は寸法、裁ち方を工夫~)




それと、幅も3分縮んだので裄がギリで焦りました~~。



◎グリーン地遠州木綿を、水通ししたときの記事『ドえらい縮んだ、遠州木綿』




今回の遠州木綿の方が縮みが少なかったのは、染めか、糸の違いなのかな?

今回のはループヤーンとゆう糸が入っているらしいです。紬っぽい節感があります。








…今日は、和裁所からお預かりしてる
お客様の、大島の羽織のお直し(そで丈)をして、時間ができたら自分の遠州木綿をチクります。


引きこもりの一日~。




明日は、和裁所。
明後日は、和裁所でお世話になってる問屋の催事があるので、行ってきます(*^^*)


また、お出かけコーデなどアップしますね(^-^)/






★☆☆★どれかお一つ、ポチっと応援クリックお願いします(o^^o)★☆★☆


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


◎和裁ランキング◎
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村









☆★それ何っ?!☆★




…ドラみちゃんが、何か?のケース(筒状)で遊んでる。




どっから持ってきた?!何のケースだろう。。気になるっ




08:44  |  ちくちく和裁  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |