2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.03.26 (Mon)

☆★~染め大島で帯を縫う(o^^o)~★☆

…こんにちは☆★

東京はつい先日までの不安定なお天気から一転、穏やか春爛漫☆桜も見頃を迎えました~(*´꒳`*)




今日は先日の帯教室の記事の続きです☆


縫っていた乙女ちっっくヨーロッパ更々帯も完成し(画像真ん中)
次は 画像左の 染大島で帯を縫っていますヨ(*´꒳`*)

◉花邑で購入したアンティーク生地3組




お太鼓と前帯は このメインの焦茶地の染大島なんだけど… タレ先が足らないの。(前帯以外の胴巻き部も足らない)染め大島生地は元は着物だったもの 購入時には両袖分しかないから 諸々と尺が足らないのよね。。。


で、継布として選んだのがこちら

江戸小紋ちゃん。 こちらも着物だったもの。
画像だと色が分かりにくいんだけど 地色はサーモンカラー。



お太鼓と手先、前帯は染大島、
タレは江戸小紋と、その裏の2パターンであわせてみました


◉江戸小紋バージョン

◉江戸小紋の裏面、無地バージョン




…わたしの場合
江戸小紋よりも 江戸小紋の裏面(無地)を合わせたほうが 使える帯になる! と思ったのです

無地でカジュアルダウンしたほうが 小紋だけではなく 木綿やシルクウールにも合う♡と 思って~~(*´꒳`*)江戸小紋柄だと 絹物にはいいけど 太物だと ちょっと堅すぎるように感じるのよね、、、 こうゆう 自分が感じる 印象や 小さな違和感って 大事~!


なので せっかく江戸小紋が染めてあるのにもったいないのだけど ここは(自分にとって使いやすい帯になるか?)を最優先に考えました 絹も好きだけど 太物ちゃんもスキなので どちらにも合うように 無地にしたほうが ♡マイベスト♡になるはず


なので この帯の継布は 江戸小紋(…の裏面)を使用することにしましたヨ☆★



布の継ぎ位置も 着用したときにみえない位置にくるように考えてあるので 先ずは布を継いで それから本縫い、芯入れと作業してゆきます


また 作業はじめたら お地味~~な画像になると思いますが、笑。 アップしますネ(o^^o)


また書きます\(^o^)/



♡…どれかお一つ ポチッと応援クリック頂けると嬉しいです…♡
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
関連記事
06:58  |  ちくちく和裁  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

*Comment

…いただいたコメントが消えてしまいました、、、、!!
す、、すみません。。。 何故だ…??
花椿あやこ |  2018.03.28(水) 15:24 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |